2016年12月 Telosティーチング・グループレッスン(TM) (Telosワーク・セミナー(TM)) ご感想

2016年12月21日に開催された「Telosワーク・セミナー(TM)」(次回より「Telosティーチング・グループレッスン(TM)」に名称変更)に参加された方のご感想を紹介しましょう。

 

ご感想1

先日は、テロス・ワークセミナーに参加させていただき、ありがとうございました。

「レムリアの真実」の本、表紙から13ページを学習させていただき、この本には、高次のテロスから私たちに向けて、愛の世界への願いが込められており、絶大な愛の応援が贈られているのだと、テロスの想いを再認識しました。

特に印象に残ったのは、高次のテロスと私たちの世界が一つに結ばれるには、自分を愛することが大事で、そこからはじまるということ。

そして、オレリアさんがこの本を執筆したいきさつが書かれており、苦労して戸惑いや恐れやこだわりを持ちながらも、霊的なワークを進め、自分の使命を発見し本を完成。

オレリアさん自らが、二つの世界は愛で結ばれるということを現実に体現されたということ。

セミナーに参加して、自分の意識が広がりました。

ありがとうございました。

 

ご感想2

先日は、Telosワークセミナーで学ぶ機会をいただき、ありがとうございました。

スタディグループとは違った形で、大切なポイントに焦点を絞り、お互いの理解した内容をシェアすることでさらに理解を深めることができたように感じています。

 

今回参加させていただき、原書を読む大切さを改めて感じました。

原書を読むとオレリアさんが意図していたことが伝わってくるように感じ、翻訳版では理解することが難しかった部分を、原書にあたることで理解を深め受け取ることができたように感じています。

 

もう1つは、シェアすることの大切さです。

自分がどのように理解し受け取ったのかということを、参加者の方とシェアすることで自分の中でより確かなものとなり、受け取るだけではなく、シェアすることの大切さも実感いたしました。

 

「オレリア・ルイーズ・ジョーンズの序文」を読み進める際には、オレリアさんと交流した際のエピソードなどをたくさんお聞きすることができ、作者であるオレリアさんも微笑みながら同席され、温かいエネルギーに包まれながら学んでいるように感じました。

オレリアさんが霊的ワークを進め、アダマからこの情報を受け取ることになった流れや背景を感じながら改めて本を読み返すと、以前よりもとても身近な本に感じられました。

 

「真実の愛は、自分自身を愛することから始まります。」

この文章にハートが惹かれます。

 

レムリアの正しい教えを受け取り、統合し、学びを深めていきたいと思っています。

学びの機会とシェアする場に参加させていただき、ありがとうございます。

 

 

Telosティーチング・グループレッスン(TM)

http://announce2012.telos-japan.org/?eid=273

 

オレリア・ルイーズ・ジョーンズ著作

http://telos-lemurian-city.com/?mode=cate&cbid=1686784&csid=1

スタディグループ(TM) ご感想

スタディグループ(TM)のご感想をいただきました。ありがとうございます。

S様より
 

本日、スタディーグループ(TM)に参加させていただき

ありがとうございました。

ポータルとゲートウェイと多次元の回廊は、宇宙の源であ

る神の最高レベルから全宇宙の一次元のレベルまで光と愛

でつながっているんだなと感じました。

宇宙のロマンを感じさせてもらいました。

スタディグループ(TM) ご感想

スタディグループ(TM)のご感想をいただきました。ありがとうございました。

S様(2015年2月)

本日は、スタディグループスカイプに参加させていただきありがとうございました。
スタディグループに参加させてもらい、不思議なことは、現実なんだと感じるように
なってきました。
以前は、本を読んでもピンとこなかったのですが、スタディグループに参加した後、
本が読みやすくなったと感じています。
先日、レムリアの真実を最初から読んでいて、36ページと37ページのところ
「レムリアは、一晩で沈んだ。このとき、地球が、とても静かに沈めるよう対応した
ことや聖職者が持ち場を離れず祈りを捧げ皆の恐怖をやわらげるよう努めたというこ
と」このことを思い浮かべると、悲しいけど見守りがあったんだと深く感じました。

 

【ご感想】 アダマとアセンデッド・マスターのチャネリング 個人セッション

C様よりご感想をいただきました。

一昨日は、本当にありがとうございました。
心から、あのセッションに、セッションの場でサポートしてくださったすべての方々に、
そしてセッション後もより一層サポートしてくださっているすべての方々に、感謝いたします。
今回の個人セッションは、私の中での、大きな一つの転機でした。
セッション後も、大きな素晴らしい変化は続いているどころか、より加速しているように感じます。
と同時に、もっともっと自分を含めた神への決意・愛への決意を強めたい、努力したいという気持ちで燃えています。ありがとうございました。



下記は、後日いただいたご感想です。
 

Telos Volume 1Chapter FourteenMessages from El Morya を先ほど読み返しました。

今回の個人セッションにおいて、話題の一つとなったこともありますし、今の私の霊的な道において、再度第一光線を強固にしたい、という強い思いから読みました。

そのなかで、興味深い部分がありました。

それは、151ページの3段落目A much more intense level of energy, 〜 から始まる部分なのですが、

「惑星のキリスト化をもたらすための超強烈なエネルギーが、2002年の5月1日辺りから殺到し始めた」とありました。

そして、それは私たちが五次元に心地よく落ち着くまで、日夜加速し続けていく、とのことです。

個人セッションをお受けした日は、まさに2014年5月1日です。

丁度、12年というある一つの周期が完了し、より一層エネルギーが強烈になっていくのでしょう。

個人セッションというイニシエーションを通過して、今、私も全然本気度が違います。

このスケジュール上のエネルギー的なシンクロを発見することが出来て、今回のセッションに対する感謝の気持ちも、より強烈になりました。

この莫大なアセンションのエネルギー、無限の愛の上昇気流に乗っていきたいです。

ありがとうございました。

【ご感想】アダマとアセンデッド・マスターのチャネリング 個人セッション

H様よりご感想をいただきました。ありがとうございました。


Telos Japan®
千秋・MA さま

先日は、個人セッションのお時間を取って頂きありがとうございました。

チャネリングのセッションで、あれほど、アダマやご縁あるアセンデットマスター、そして他の存在のエネルギーを感じられるとは想像もしていませんでした。それぞれの存在に、それぞれの波動があり、言葉で語って頂いていましたが、それ以上に伝わってくるものが多くあり、セッションの後は、本当にぐったりと疲れてしまうほどでした(私の波動が重くなっていたのを痛感しました)。こちらのセッションは、メッセージを受けとることもそうですが、それ以上にテロスのエネルギーを直に感じるためのものでもあったのですね。

伝えて頂いた全てを大切に、アドバイスを頂いたように、もっと自分のハートとより深くつながって、よりテロスとの絆を深めるために日常を整えていきたいと思っているところです。

本当にありがとうございました。

【ご感想】 2013年 第3光線イニシアティック・ジャーニー(TM) プロヴァンス(フランス)

2013年5月に開催された「第3光線イニシアティック・ジャーニー(TM) in プロヴァンス」にご参加いただいたN様(当時・神奈川/現・京都)からご感想をいただきました。

(以下、N様より)
「ようこそ!この光り輝く南フランスの世界へ!」
このメッセージと共にプロバンスのイニシアティック・ジャーニー(TM)はアダマとレムリアン高等評議会、アセンデッド・マスター方、第3光線マハ・チョハンであるベネチア派パオロの要請で、2013年に開催されました。

ベネチア派パオロ、そして、この土地に縁のあるマグダラのマリア、聖母マリアの大歓迎を受けました。

わくわくしながらローヌ河沿いに「自由の城」を探したり、画家でもあったベネチア派パオロの本拠地から初の、日本人に向けての芸術活動の激励のメッセージを頂いたこと、サナト・クマーラ、レディ・ビーナスから愛と光、芸術と美という金星のエッセンスが私達の世界にそして地球にもたらされたのは、このうえない感動的な出来事でした。

そして地中海に面した広大な湿原地帯のカマルグでは、フラミンゴがまさに第3光線の愛の優しいピンク色を放ち、雄大な自然と動物の美の完全性に圧倒され、サント・マリー・ド・ラメールではイエスとマグダラのマリアの娘であるサラのエネルギーに触れる事ができました。

ハートをどんどん開いて、これらのエネルギーを余すところなく受け入れ、喜びと共に軽々とした波動の中でイニシアティック・ジャーニー(TM)は進みます。

この旅の間、アセンデッド・マスター方やガイド方のサポートを受けながら、この素晴らしい環境が助けになり、私達はそれぞれスピリチュアルな課題に取り組み、魂の喜びを感じたり、癒されたり、自分の力でより深く自分自身とワークします。

2014年以降もTelos Japan(R)よるプロヴァンスでのイニシアティック・ジャーニー(TM)が開催されます。
これからも、さらに参加者の皆さんにとって祝福された旅になることでしょう。
(以上、N様より)


(ここから、Telos Japan®)
カマルグは、2013年独自の訪問先でした。参加メンバーによって、訪問先は変わります。

次回の「第3光線イニシアティック・ジャーニー(TM)プロヴァンス」の開催は、2015年5月を予定しております。

そのほかのイニシアティック・ジャーニー(TM)

◎イニシアティック・ジャーニー(TM)マウント・シャスタ(米国) 2014年9月開催
◎イニシアティック・ジャーニー(TM)テネリフェ(スペイン) 2015年3月開催

【ご感想】アダマとアセンデッド・マスターのチャネリング 個人セッション

Tさまより、ご感想をいただきました。ありがとうございました。


針生千秋様
本日は、ご多忙の中、本当に貴重な時間をありがとうございました。
色々なことで、いっぱいいっぱいになっていたのですが、すごくすっきりしました。
本当に、大きな力を頂けましたが、お世話くださった、針生さんのお陰です。
ありがとうございます。


 

レムリアン・ティーチングコース ご感想

O様

レムリアン・ティーチングコースの感想

いつも愛のこもったガイドラインをお送りいただき、ありがとうございます。
 

レムリアン・ティーチングコースに参加させていただき、早いもので20回以上となりました。月初めは、毎月メールで届くガイドラインをプリントアウトし、この章についてワークすることをコミットメントしてスタートします。ワークできる時間は、月によって様々ですが、毎月コミットメントしてスタートできることが、私にとっては喜びとなっています。
 

コースに参加させていただくことで、原書を読むことの大切さ、日本語版では理解が難しかったことも、原書の単語を拾いながら見てみるとより深い理解が得られることを学びました。
 

自分1人では、スッと読み流している部分も、ガイドラインを読みながら本を読むことでハートにひっかかり、気になって何度も読み返し、そこに書かれている内容に対して、無意識にハートを閉じている自分を発見し、向き合い、ワークし、統合する機会を持つことができたこともたくさんあります。生活をしながら、その月の該当する章と共にいるように感じています。
 

そして、毎回読むたびにTelosの方々が、たくさんの愛とサポートを送ってくださっていることが伝わってきて、感謝の気持ちでいっぱいになります。
 

これまでいただいたガイドラインは、本を読み返す時に、一緒に読み返し、その時々でいつも新しい発見があり、私の宝物となっています。ありがとうございます。
 

愛と感謝とこめて

スタディグループ (感想)

K様

4月にTelos レムリアン・シティで開かれたスタディグループのシェアをさせていただきたいと思います。

−−−−−−−−−−−
レムリアの真実 第6章 テロスへのエントリーコード

  

p78 「完全性とは存在している状態でいつまでも拡張しつづけ永遠へと向かう・・・」

      

  

p79 「大勢の人が私たちの生き方を取り入れたとき・・・」
私たちの生き方・・神聖な原則に従った生き方
真の兄弟愛に従った生き方

     

自分のハートや本の教えから発見したこれらの生き方を、日常の選択・小さなステップから実践していく。 すると、その選択を行うときごとに、日常に神聖さが創りだされる。日々の中で、その神聖なエネルギーの動きを創りだし、それらを実践するとき、この惑星で大勢の人たちが神聖な生き方を選択したときに達成される世界を感じるようになっていく。

  

80 1節 「必ず最初に厳密なエントリーコードを満たさなければなりません」
アダマさんたち、Telosの人々、5次元の意識、5次元の世界、そこに入るためには、5次元の意識を体現することが必要。エントリーコードを満たす必要がある。3次元の波動を持っては入れない。

  

  

  

80 3節 「第一に・・・・・」
 屬垢戮討寮弧燭帆寛国だけでなく、真我と他者を無条件の愛で抱きしめる」

  

2元性の意識を統合」
「男性性と女性性のバランス」
ぁ岾欧鰺燭┐覆ぁ
これら 銑い里垢戮討何を意味するのかハートの中で掘り下げる。これを実践する!  すると、自分の中にある、5次元の資質(神聖な自己の資質)に気付いていく。
<ポイント〉自分のハートの中に5次元が存在している自己の5次元(神聖さ)に気づくためには、ハートに 銑い亮遡笋鬚垢→5次元に気づく→答えを実践する→5次元の波動になる

  

80 4節 「第二に・・・・・」
癒し すべてを受け入れ、そして解放する。
痛み・怒り・嘆き・罪悪感・・・ それらのエネルギーを手放す。

     

〈ポイント〉一人でやろうとしない(3次元的な自分だけでやろうとしない。3次元的な方法でやろうとしない)
レムリアシリ―ズの本に書かれているような5次元のやり方で癒しを進める。
(例) 翡翠の大神殿 神聖な自己とのつながり etc

  

81 2節 「第三3に・・・・・」
〈ポイント〉アセンションセレモ二ー

  


82 1節 「適切な時間をかければ大勢の人がこの意識の段階に到達することが可能」   

  

必要な時間をかけること 霊的ワークの継続
自分で時間をつくって、必要なワークを続けることが大切

  


82 3節 「ハートを愛へと開くと・・」

  

Telosの方々は、わたしたちが困難を経験することを望んでいない。
これまで困難を創りだしてきた、パターンを手放して欲しいと思っている。

     

教えや導き、そこにある大きな愛に開いていこう!

     

83 1 「親愛なる皆さん 愛が鍵であることを覚えていてください。・・

                   ・・・アダマ」

  

ハートを愛へと開く
愛されていることを受け入れる
愛を受け入れる
自分の愛を受け入れる=自分の神聖さを受け入れる
愛する

  

−−−−−−−−−−−−−

シェアというには、まとまりがなく、スタディグループ中のノートに近くなりました。

  

1つの例としてご覧になり、それぞれが、スタディグループやワークを通じて、ハートで気づくことやそこで体験するエネルギーを大切にしていただければと思います。

  

  

  

これまでの経験を振り返ってみると、スタディグループに参加した時間が、積み重なっているのを感じます。 ハートもマインドもだんだんと柔らかくなり、自分の中で波動を育てているのを感じています。

  

  

皆さまのステップに参考になりましたら幸いです。
ハートの導きのもと、必要な時間や体験を自分に贈ってあげてくださいね。

  


いつも愛と光がありますように。

愛と感謝と敬意をこめて
 
1