わが命つきるとも

第一光線のチョハン マスター・エル・モリヤの地球上での転生についての情報が「The Seven Sacred Flames」に記載されています。(他の光線のチョハン方の情報も同様です)

 

その中で最後の転生と紹介されているのがA Man for All Seasonsで知られるサー・トーマス・モアです。このA Man for All Seasonsは60年代の英国映画のタイトルで、日本では「わが命つきるとも」として公開された映画です。先日NHKのBSで放映されたときに、サー・トーマス・モアの名前が、いずれかのチョハンの転生名であるだろうと思って録画しておきました。

 

先月のThe Seven Sacred Flamesグループレッスンで、第一光線を取り上げたときに、やはりサー・トーマス・モアについて書かれた箇所を学び、映画を見てみようと思いました。映画では、サー・トーマス・モアの人生がわかりやすく描かれています。アカデミー賞Ⓡの作品賞を受賞した作品なので、クラシック作品としても楽しめます。彼は、16世紀のイングランド国王ヘンリー八世の時代の人です。

 

その人生は、映画や書籍、インターネットなどで調べていただくとして、実は、マスター・エル・モリヤには、その前にトーマス・ベケットという転生もあるとThe Seven Sacred Flamesで紹介されています。こちらは12世紀のやはりイングランドの聖職者でカンタベリー大司教を務めた人物です。彼がある時期仕えたのは、イングランド国王のヘンリー二世で「トーマス=ヘンリー」という名前だけでも関係性が繰り返されているのが興味を引きます。両トーマスの生涯も、また両ヘンリーからの仕打ちも、とてもよく似た境遇だと私には思えました。また両トーマスとも、その死後、列聖され聖人となっています。

 

マスター・エル・モリヤという存在を考えたときに、この二つの転生(トーマス)での生き方が、その最終イニシエーションであるアセンションの重要なポイントになったのではないかと思いました。

 

ベケットの人生、その後同じような境遇に置かれたモアの人生。そこでどのような最期の心の境地に至ったのかが、アセンションの決め手だったのではないか、と思いました。これはロード・サナンダ、イエス・キリストの最期にも言えることでしょう。

 

私たちは、これらアセンデッド・マスター(チョハン)の人間としての転生から学ぶことができます。そして私たちのアセンションの道をより彩るように、彼らと共に歩むことができるのです。

 

余談ですが、ベケットの人生も60年代の映画になっています。(ベケット)こちらもアカデミー賞Ⓡに多くノミネートされている作品です。またサー・トーマス・モアの時代のヘンリー八世は、アン・ブーリンとの関係でも有名です。アン・ブーリンはエリザベス一世の母であった女性で、彼女の人生も「ブーリン家の姉妹」(原題はThe Other Boleyn Girl)で(脚色はされていますが)知ることができます。エリザベス一世については「エリザベス」「エリザベス・ゴールデンエイジ」(ケイト・ブランシェット主演)という映画になっていますし、ヘレン・ミレンもTV映画で演じています。これらを続けて見るのもいいかもしれませんね。

 

16世紀の時代を動かした人々、そして私たちの愛するアセンデッド・マスターの人間としての生き様、そういった流れを映画や演劇、小説などを通じて感じてみるのも、私たちの霊的進化に何かのヒントをくれるものになるかもしれません。

 

針生千秋(Telos JapanⓇ)

The Seven Sacred Flames グループレッスン

2017年3月より、The Seven Sacred Flames(七つの聖なる炎)の教えのより深い理解のためのグループレッスンをスタートします。毎月の日程とお申込については、こちらをご覧ください。

 

The Seven Sacred Flamesは、さまざまな面で、私たちのアセンションの準備、スピリチュアルな進化、癒しの完了、浄化、肉体的健康、精神的健康、感情的健康、生活の質の向上、人間関係の質の向上、霊的使命や人生の目的の達成 etc. あらゆる側面に大きな恩恵を与え、また私たちを勇気づけ、前進を助けてくれる「光」です。

 

オレリア・ルイーズ・ジョーンズさんによって、Telosブックシリーズの3冊と「The Seven Sacred Flames」とそれに伴う2冊の小冊子の合計6冊が、私たちにもたらされました。私たちは、これらを学び、日常で使うことによって、そして常に「七つの聖なる炎」と生きることによって、あらゆる分野での大いなる飛躍が可能になります。

 

Telosのアダマとアセンデッド・マスター、聖なる七つの炎のチョハン(コハン)たちとアセンデッド・マスターたち、そして聖なる炎の天使たちから、永遠の愛と無限の援助を受け取ることによって、私たちもまた、それを与える存在へと進化して行くことが簡単になります。

 

アダマと彼のチームから、このグループレッスンの開催について、要請がありました。彼らは、自分たちのアセンションのプロセスが落ち着いた今、私たちへの支援を、今まで以上に拡大して進めることができると伝えてきています。

 

私たちは、アセンションを目指す者から、アセンションする存在へと大きく変容している真っ最中です。どのようなことが私たちの前に現れようとも、またどのようなことが求められようとも、私たちのアセンションへの熱意は冷めることはないでしょう。アダマはそれを見て、これから彼らが面会する人類グループのリーダーたちを育成するために、人類のリーダーの親となる世代、またそれらの親をサポートする長老的な存在としての人類グループの人々に、今こうして手をさしのべたいと願っています。

 

グループレッスンは、1ヶ月間で、一つの「聖なる炎」とワークします。1ヶ月間に3回のグループレッスンが行われます。アダマと彼のチームのカウンセラーたちは、その1ヶ月間、このレッスンをする人々を24時間体制で支援します。ですから、グループレッスンだけではなく、日常のあらゆる瞬間、睡眠中であっても、受講生の生活の隅々までが、このレッスンの炎(光)に包まれます。そうして、学びを進めていくのが、この「The Seven Sacred Flames グループレッスン」です。

 

具体的な内容は、下記になります。あなたのハートがYES!と言ったら、ぜひTelos JapanⓇにコンタクトしてください。

 

グループレッスン期間: 一つの「聖なる炎」について、1ヶ月間

Skypeによるレッスン: 1ヶ月間に 3回 各回2時間(予定)ずつ(受講希望者全員で日程を調整します)

            Skypeレッスンに参加できなくても、レッスンの質は落ちません。

受講料/参加費: 30,000円(内税) 3回分のSkypeレッスンが含まれます。

教材: 「レムリア・シリーズ」または「Telosシリーズ」

    The Seven Sacred Flames、祈りのブックレット、アセンション・ブックレット

    教材の購入はこちらから。http://telos-lemurian-city.com/?mode=cate&cbid=1686784&csid=1

 

3月は「霊的管理機構(スピリチュアル・ハイエラキー)」と「七つの聖なる炎の概要」についてです。

3月に3回のSkypeレッスンを予定しています。受講/参加希望は、初回開催日の前日まで受け付けています。

 

4月の日程は、3月5日に確定する予定です。ご自身の日程に合わせてSkypeレッスン日程を決めたい方は、3月4日までにお申し込み(ご連絡)ください。それ以降は、席に余裕がありましたら、受講/参加を受け入れますが、Skypeレッスンの日程に合わせていただくようになります。(24席を予定していますが、Skype接続に負荷がかかる場合は、席数を減らすかもしれません)

 

お申込手順: 開催日の初回の前月末までに、Telos JapanⓇへメールでお申込みいただくか

       Telos レムリアン・シティⓇウェブショップからお申し込みください。

       希望者全員で、3回分のSkypeレッスンの日程を決めます。

       開催日の初日の前日までに、受講料/参加費のお支払いを完了してください。

 

Telosレムリアン・シティⓇウェブショップからお申込みいただけます。

(クレジット決済/コンビニ決済 可能)

 

キャンセルによる返金はありません。

 

《お問合せ》

Telos JapanⓇ

office at telos-japan dot org(atとdotを記号に変えて送信してください)

Tel & Fax 0973-28-5177

七つの聖なる炎 神殿への瞑想 《レムリアン・コネクションThe Lemurian Connectionから》

The Lemurian Connection レムリアン・コネクション からのクリスマスギフトです。

 

The Seven Sacred Flames 七つの聖なる炎の神殿への瞑想が、YouTubeにアップされました。

 

https://www.youtube.com/channel/UCbVFasopWgzkmX-sxWyOGAg/videos

(英語)

 

美しい映像、心地よい音楽と誘導瞑想が、あなたの瞑想タイムにより輝きを加えてくれることでしょう。

 

神殿瞑想のCDは、こちらです。

http://telos-lemurian-city.com/?pid=90154540

 

The Seven Sacred FlamesのCDは、こちらです。

「誘導瞑想(英語)入り」と「音楽のみ」があります。

http://telos-lemurian-city.com/?mode=cate&cbid=1686785&csid=1

 

The Seven Sacred Flamesの本(英語)は、こちらです。

http://telos-lemurian-city.com/?pid=69925765

 

日本語訳本(非公式)付きの関連本は、こちらです。

http://telos-lemurian-city.com/?mode=cate&cbid=1686784&csid=1

「アセンション・ブックレット」と「祈りのブックレット」があります。

 

 

The Lemurian Connection(英語)

http://www.lemurianconnection.com/

パオロ・ヴェロネーゼ 〜 第3光線 聖なる愛のマハ・チョハン ポール・ザ・ヴェニーシャン

第3光線 マハ・チョハン(マハ・コハン) ポール・ザ・ヴェニーシャン(ヴェネツィア派パオロ)の最後の転生 パオロ・ヴェロネーゼの絵が日本で観られます。

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち

東京: 2016年10月10日まで

大阪: 2016年10月22日〜2017年1月15日

作品: レパントの海戦の寓意

 

マハ・チョハン ポール・ザ・ヴェニーシャン(日本語では「ヴェネツィア派パオロ」)は、七つの聖なる炎全体をまとめる存在です。彼の人間としての最後の転生は、画家でした。それが、パオロ・ヴェロネーゼ(パオロ・カリアーリ)。「ロミオとジュリエット」で有名なヴェローナ出身の画家でした。青年期にヴェネツィアへ移住し、画家として活躍しました。

 

「Telos Vol.1」の翻訳本「レムリアの真実」では、「聖パウロ」とされていますが、聖人に認定されたという情報には出合ってないので、おそらく翻訳者は、新約聖書の「聖パウロ」やキリスト教の他の聖人と思ったのか、アセンデッド・マスター以上の存在なので「聖」をつけたのかもしれません。原書ではPaul the Venetianとなり、Telosブックシリーズのその後の翻訳本や他の訳では「ヴェネツィア人ポール(またはパウロ)」とされています。しかし彼が画家だったことを考えると、このVenetianは「ヴェネツィア人」ではなく「ヴェネツィア派」だと思われます。実際、調べてみると「ヴェネツィア派」の画家のリストに彼の名前を見つけることができます。また英和辞典でもvenetianの訳語の中に、これが見つかります。通称「ヴェロネーゼ」がヴェローナ出身であることを物語っていますし、彼を「ヴェネツィア人」と見ることはなかったのだろうと思います。(当時、ヴェローナはヴェネツィア共和国の支配下にあったようです)

 

「パオロ」なのか「ポール」なのか(または「パウロ」なのか)という点に関しては、Telosの原書が英語で書かれているため、英語表記を優先しています。(オレリア・ルイーズ・ジョーンズさん自身は、フランス系カナダ人です。発音は違いますが、フランス語でもPaulです)余談ですが、2007年カナダのモントリオールで「レムリアン・カンファレンス(TM)」が開かれた際、フランス語カンファレンスは、フランス語通訳をつけて行われました。そこでオレリアさんに直接、どうしてご自身でフランス語でカンファレンスをされなかったのか尋ねたところ、「もう長い間、米国に暮らしていて英語を使っているので、フランス語で正確に表現できるかどうかわからなかったから」というご返事でした。(オレリアさんは1989年に米国へ移住しました)Telos JapanⓇでは、日本語に訳す際、イタリア人であれば、イタリア語表記を優先しています。ですから「ヴェネツィア派パオロ」としています。「ベニス派ポール」ではなく。言葉は響きで独特のエネルギーを発しますから、人の名前も雰囲気が変わりますね。

 

彼の転生について、詳しくは「The Seven Sacred Flames」に書かれています。日本語では「新しいレムリア」。The Seven Sacred Flamesには、カラーの美しい肖像画が載っています。(ヴィジョナリー・アーティストによる作品)

 

パオロ・ヴェロネーゼの絵は、パリ、ヴェルサイユ、フィレンツェ、マドリード、ニューヨーク、ロンドンの美術館や宮殿にあります。

 

パリは、ルーブル美術館。

ここでの作品は一番有名な「カナの婚礼」。2013年に観たときには、ダ・ヴィンチの「モナリザ」の真向かいに展示されていました。小さなモナリザと大きなカナ、しかしとても調和の取れた配置でした。ルーブルには、朝9時から夕方6時までいましたが、その間、何度その間を行き来したことでしょう。そのほかにもたくさんのヴェロネーゼ作品が飾られています。「カナの婚礼」は、ナポレオンによるイタリア侵攻の際、略奪され二つに裁断された上でフランスに持ち込まれ、その後修復した物と言われています。

 

ヴェルサイユは、宮殿にあります。これも大きな絵で、私の記憶が違っていなければ、ヴェネツィア王室からフランス王室へと贈られた物だということです。

 

フィレンツェは、ウフィッツィ美術館。実は私は観ていなくて、あとからガイドブックで見つけました。たぶんあると思います。

 

彼の絵の前に立つと、あふれる愛に包み込まれるように感じ、そこから動けなくなります。許されるのであれば、その前にイスをおいて、静かに見入っていたいです。どんなに人が多くても、パオロの絵と自分との間には、永遠の時と静寂があって、なにものにも邪魔されない神聖な空間が存在しました。遠い時代に描かれた絵を通して、無限の愛を今も伝えてくれる、そんな体験です。

 

日本で観られる絵は、戦い関連の絵なので、違った体験になると思いますが、日本にいて彼の絵のエネルギーに触れられるのであれば、そこでしか体験できないものを感じるため、足を運んでみてはどうでしょうか。

1