Telos Japan®主催で、毎月スタディグループ(TM)を開催しています。今月(2014年5月)は、私がマウント・シャスタに滞在中だったため、スカイプのみでしたが、皆さんとても生き生きと発言されて、とても素晴らしいと思いました。

日本人の特質からか、Telos Japan®に来られる方々の特質からか、最近の参加者の特質からか(笑)、皆さんあまり発言されないので、リーダーとしては、最初に何人かに感想を求めることからスタートすることもあります。それでも、徐々に発言が増えて、そいういったほかの方の感想などから学ぶことはとても多いというのは、今までスタディグループ(TM)に参加された多くの人々がお話しされます。

そして最近では、とても素晴らしいな、と思うのは、参加者同士で、「皆さんに質問です」という言葉が飛び交い、ほかの参加者の意見や感想を聞くことによって、お互いに理解を深めていく、またある意味、参加者同士で学びあう、ということが起こっていることです。

Telos Japan®のスタディグループ(TM)では、面識がない方々も一緒にスタディグループ(TM)に参加するうちに、親しくなって、スタディグループ(TM)以外の時間の歓談が、とても活発に進んでいます。逆に、そこでの学びがより大きい、と感じるときもあります。(リーダーは、聞き役に回るか、席を外します(笑))

日本中で、様々なグループのスタディグループがあると思いますし、それらのグループでも、こういったことがすでに起こっているかもしれませんし、そういうグループがたくさん存在して、エネルギー的に融合して(面識レベルで相互交流がないとしても)大きなうねりになるといいですね。

Telosが伝えるレムリアの教えを学びたい人々が、ご自分に合ったスタディグループを見つけることができるといいですね。そのために、スタディグループを開きたいと感じる人々には、ぜひスタディグループを始めてほしい、と思います。

愛をこめて

針生千秋(Telos Japan®)