2016 イニシアティック・ジャーニーⓇPLUS レッドウッド・コースト&マウント・シャスタ が無事終了しました。

 

最終日、マウント・シャスタで、空気がクリアな中、とても美しい夕焼けを数人で楽しむ時間がありました。

 

近年マウント・シャスタでは、近隣(場合によっては遠方から)の山火事の影響で、空気がクリアではないことが多くなりました。

今年2016年は、比較的、空気がきれいな時期に行くことができて、とても美しい光景をたくさん見ることができました。

 

イニシアティック・ジャーニーⓇPLUS 最終日、いつもマウント・シャスタの夕日を眺める場所で、数人で夕焼けを見ていました。

そのとき、そこにいた男性が近づいてきて、私にクリスタルをプレゼントしてくれました。他の人々にもプレゼントしていました。

 

最初に受け取った人から聞いた話では、その男性はセドナから来ていて、ホピの人から、このクリスタルをもらったのだ、ということでした。

 

クリスタルは、その日のシャスタの空気のように透明で、中の構造がよく見えました。

 

とてもきれい。

 

シャスタの美しい風景写真を撮りに来ているご夫婦は、日本に住んでいたことがあって(ご主人のほうだけかも)、日本製のカメラをとても大事にしていました。

そして、見せてくれた衝撃的な絶景写真は、

 

ヨセミテ・フォールズ

私たちが企画しているイニシアティック・ジャーニーⓇの舞台「ヨセミテ」の滝の写真でした。

 

そうこうするうちに、マウント・シャスタというキャンバスは、その向こうの空も含めて、ゴールドからオレンジ、ピンク、パープル、そしてグレーへと変化していきました。

 

お互いの顔が見えにくくなる頃、シャスタの町の灯りがたくさん灯り始めた頃、私たちは、この出会いに感謝をして分かれました。

 

マウント・シャスタは、ひっそりと闇の中に消えていき、イニシアティック・ジャーニーⓇは、来年へ向けての次なるステップを歩み始めました。

 

このときいただいたクリスタルを日本に持ち帰り、持つにふさわしい人に手渡すことを想いながら、来年以降のイニシアティック・ジャーニーⓇへと想いを馳せています。

 

ホピの平和の波動が、私たちの日本に広がりますように。

 

来年2017年は、マウント・シャスタで、イニシアティック・ジャーニーⓇベーシックを。

そして再来年は、ヨセミテで、Telos JapanⓇ初の「The Seven Sacred Flames(TM) イニシアティック・ジャーニーⓇ 第1光線」を予定しています。

 

「レッドウッド・コースト&マウント・シャスタ」もまた、数年のうちに開催したいと思っています。