2017年秋頃、受け取ったメッセージ、とは言ってもそれは言葉ではなく、エネルギーでした。知覚できるエネルギーという感じでしょうか、それをここに言語化してお伝えします。

 

2008年9月、オレリアさん主催の最後のイニシアティック・ジャーニーⓇがマウント・シャスタで行われたとき、私(針生)はそこに参加していて、オレリアさんから、次のようなことを聴きました。それは、まさに今ここからジャーニーがスタートするという、湖岸の林の中でした。

 

アダマから受け取ったメッセージでは、すでに地上の人類の15パーセント(2008年当時)がアセンションすることが確実になっています。(おそらくは、現在の人生で、という意味でしょう) 皆さんはまず3次元から4次元に移行し、そこで5次元から4次元へと降りてきたアセンデッド・マスターから、直接教えを受けます。その後まもなく、それほど長くは4次元にとどまらずに、5次元へと移行します。(ここも推測ですが、5次元のアセンデッド・マスターに付き添われて、ということだと思います)これが、皆さんのアセンションです。

 

その後、幾度となく受け取った情報では、アセンデッド・マスターは、ほとんどの場合(絶対とまでは言い切れませんが、ほぼ可能性がないくらいの確率で)3次元へ降りてくることはありません。彼らの波動レベルとの差が大きすぎるためです。そのため、人類の意識が上昇するまで、直接にはコンタクトを取ることができない状況にあります。一部、チャネル(チャネラ―)は、4次元や5次元へと意識を上昇させることができるので(実際オレリアさんも、そうして情報を受け取っていました)、そのときのみ、アセンデッド・マスターは人類の4次元以上(具体的には3と2/3あるいは、3と3/4ほどのレベル以上)の意識層で、交流をします。

 

その後、私も何度か、これに関する情報を得てきましたが、いよいよ昨年(2017年)秋には、人類の中でかなりの数の人々が、このレベルに達したと連絡がありました。具体的なパーセンテージなどはありませんでしたが、この情報に触れる人の多くは、この層にすでに入った、もしくはこれからの僅かの努力で、それが実現できるレベルに達したということだと理解しました。

 

この状態は、ある人々にはすでに起こっていることです。私も2回くらい、こうしてブログに書いたかもしれません。その現象が、かなりの広範囲で起こりつつある、というのが、今回この記事の趣旨です。

 

今回、こうして記事を書くのは、いよいよ準備ができた人びとには、率先して、彼らアセンデッド・マスターからの情報を受け取ってほしい、と伝えてほしい、という依頼があったためです。

 

すでに3次元上位(上述)から4次元へと意識の拡張が進んでいる方々、身の回りで、そのレベルでアセンデッド・マスターからの情報を受け取ることができる人を知っている方々、また、もう少しでその領域へ足を踏み入れようとしている方々には、今こそ、ハートとマインドを5次元以上の領域にオープンにして、あなたの得意な分野で、あなたの知りたい分野で、ぜひ彼らからの招待を受け取ってほしい、彼らに呼びかけてほしい、ということです。

 

そして、まだ、その領域には達していないと感じる方々には、あなたに、もしその気持ちがあるなら、一日も早くそこへ到達するように、あなたのハイアーセルフ、魂、ガイドたちのメッセージを聴き、あなたにとって必要なステップを踏んでください、ということです。

 

Telosのアダマとオレリアと共に

この心躍るメッセージを送ります。

 

針生千秋

Telos JapanⓇ